お問い合わせ

MID EARTHS DRONEでは、メールやお電話でのお問い合わせを承っております。
メールでのお問い合わせはご返信までお時間がかかる場合もございますので、お急ぎの方はお電話にて直接ご応募・お問い合わせ下さい。
尚、お問い合わせの際は、下記プライバシーポリシーをご確認ください。

お名前
※必須

ふりがな
※必須

E-mail
※必須

TEL
※必須
- -
FAX
- -
プライバシーポリシー
※必須


お問い合わせ内容
※必須

プライバシーポリシー

お預かりした個人情報は、個人情報保護法に基づき管理致します。
お問い合わせの際は下記の「個人情報保護方針」をご確認ください。

個人情報保護方針
  • 個人情報の利用目的:お問い合わせへの回答にご利用させていただく場合があります。
    ここで得られた個人情報は本人の同意無しに、上記の目的以外では利用いたしません。
  • 法令に基づく場合を除き、本人の同意無しに第三者に対しデータを開示・提供することはいたしません。
  • 本人からの請求があれば情報を開示いたします。
  • 公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。
  • その他、保有する個人情報の取扱に関して適用される法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。

会社概要

詳しくはこちら
社名 MID EARTHS DRONE
事業内容 ドローン事業
空撮用ドローン販売・空撮
屋根調査・測量
農業用ドローン機体販売・農薬散布代行
ドローンイベント企画・開催
所在地 〒062-0055
北海道札幌市豊平区月寒東5条10-1-6
TEL 011-577-7583
FAX 011-577-7283
大きな地図で見る

よくあるご質問をご紹介します。

よくあるご質問をご紹介します。一覧

 
Q.ドローンの飛行ルールを教えてください。

ドローンを飛行させる場合、場所に関わらず、次のルールを守る必要があります。

  • 日中の目視できる時間帯で飛行させる(日の出から日没まで)
  • 肉眼で見える範囲内で、無人航空機と飛行している周りを常に監視して飛行させる
  • 人(第三者)や物件(第三者の建物、自動車など)との間を、30m以上の距離を保ち飛行させる
  • 縁日やイベントなど多数の人が集まる催しの上空を飛行させない
  • 爆発物や危険な薬品など危険物を輸送しない
  • 無人航空機から大小関わらず物を投下しない
 
Q,ドローンを飛ばすのに必要な資格はありますか?

ドローンを飛行させるために取得および習得が義務付けられている免許、資格はありません。つまり、誰でも自由にドローンを飛行させることができます。

しかしドローンを飛行させたい場合は、事前に地方航空局長の承認を受ける必要があります。

飛行申請代行も行ておりますのでご安心ください。

 
Q.申請・飛行に関する注意事項を教えてください。

A.

  • ドローンを飛行する際には、航空法だけでなく、その他関係法令を守って飛行しましょう。
    例:民法、道路交通法、電波法、プライバシー法など
  • 自治体が管理する公園や重要文化財を含む神社仏閣等の管理者が、管理する敷地上空での無人航空機の飛行を禁止する看板の掲示、または定めている場合があります。
    その土地の上空での無人航空機の飛行を禁止する旨の表示等を土地の管理者が行っている場合には、無人航空機を飛行させないようにしましょう。
    (第三者の所有する土地の上空で無人航空機を飛行させる場合、所有権の侵害とされる可能性があります)
  • 無人航空機を利用して映像を撮影し、インターネット上で公開する場合は、「『ドローン』による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」※①に従って、第三者のプライバシー等に注意しましょう。
  • 飛行開始予定日の10開庁日前までに国土交通省へ許可申請書の提出(不備等が無い状態)が必要です。
    東京航空局又は大阪航空局に飛行申請書(案)をメールで送信する場合は、十分に余裕をもって送付するようにしましょう。
 
Q.農薬散布には知識が必要かと思うのですが。

A.その通りです。

「農薬を散布する小型無人飛行機(ドローン)操作の認定制度」があります。

この資格は、ドローンで農薬を散布する際に必要な操作・知識を習得し、安全に実施するための制度です。

 
Q.農薬を散布する小型無人飛行機(ドローン)操作の認定制度はどこでとれますか?

A.認定を受けるまでの流れです。

1. 農林水産航空協会に申込み
2. 座学・実技を受講(3日~5日)
航空法・農薬取締法・操作指導・点検・標準散布パターンや枕地散布などの実技・試験が行われます。
3. 認定