ブログ|株式会社MID EARTHS

MID EARTHS DRONE
オフィシャルブログ

ミッドアースは「新北海道スタイル」に取り組んでいます!

MID EARTHSでは、北海道が呼びかけている「新北海道スタイル」に取り組んでいきます。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、7つのポイントを徹底していきます。

給湯器について 第2回

皆さんこんにちは。
ミッドアース工事部担当小早川です。

今回は電気給湯器について書いていきます。

電気給湯器は電熱ヒーターで水を暖めるタイプと熱交換で水を暖めるヒートポンプ給湯器があります。
どちらも電気料金が割安になる23時~翌7時の間にタイマーで稼働するものが一般的で、オール電化住宅の普及に伴い人気が高まっています。

長所としては給排気設備が不要なため、他の燃焼式の給湯器に比べ設置場所の制限が少なく室内の空気を汚しません。
また割安な電気料金プランを選択することでランニングコストを抑える事もできます。

反面、貯湯式になるためタンクの設置場所が必要で湯量に上限があり、昼間お湯を沸かす場合電気料金が通常より高くなります。
基本的に水圧が低く別途加圧ユニットが必要な機種もあります。

余談ですがオール電化住宅の場合、火を扱わないので火災リスクが低くなるので金利優遇受託ローンや、火災保険でオール電化割引があったりします。

今回はここまで、次回は石油給湯器について書きます。

給湯器について

こんにちは、工事部担当の小早川です。

今回は給湯器について書いていこうと思います。

給湯器は熱源でガス給湯器、石油給湯器(灯油)、電気給湯器に種類分けされます。

まずはガス給湯器について説明していきます。
ガス給湯器は都市ガス、LPガスを熱源とした給湯器で普及率が高く、故障が少ないのが特徴です。
また給湯能力が高いのも長所です。

短所としては、運転音が大きく使用量に合わせた給湯器を選ばないと温度が上がらない場合があります。主に寒冷地の話になりますが冬場は水温が低いため同じ温度のお湯を出すためにはより給湯能力の高いものを選ぶ必要があります。
また、初期費用は安価ですがガスの料金設定によっては燃料費が他の給湯器より高価になることもあります。

長くなりそうなので分割して投稿します。
次回は電気給湯器について説明します。

ウォシュレットについて

はじめまして。
MID EARTHS工事部の小早川です。
主に設備工事を担当しております。

生活に密接に関わる「設備」ですが、仕事に携わっていないと意外と知らないことも多いと思いますので少しでも分かりやすく紹介できていけたらと思います。

今回はウォシュレットについて書いていきます。

一般的にウォシュレットと呼ばれていますが、ウォシュレットはTOTOの登録商標で、INAXではシャワートイレ、パナソニックではビューティートワレという登録商標になっています。現状他社の同製品も含めウォシュレットと総称することが多いです。所謂商標の普通名称化というやつですね。

国内のトイレ市場のシェアTOTO、INAXの二社が大半を占めていますが、それぞれどんな特徴があるか紹介していきます。
※グレードによって機能の差がありますので購入を検討されてるいる方はご注意下さい。

TOTOは水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる次亜塩素酸を含むきれい除菌水でノズル、便器内を除菌できます。また脱臭カートリッジもきれい除菌水で洗浄、除菌します。
おしり洗浄の洗浄水に空気を混ぜ水玉を大きくすることにより節水することができます。

INAXは銀イオン水でノズルの洗浄、除菌を行い、便器内はプラズマクラスターイオンで除菌を行います。おしり洗浄の吐水量が多く、ノズルが真下に近い角度にあるので、洗浄にこだわりがある人には好評なようです。また本体自体をリフトアップできるので掃除がしやすいです。

各メーカー毎にそれぞれ特徴があり独自の機能もあるので、「こういう機能がほしい」という観点から選ぶといいのではないでしょうか。

弊社ではウォシュレット、便器の交換も行っております。トイレのリフォームを考えている方は是非ご連絡下さい。

ENJO商品取扱い開始

DSC_0453.JPG

エンヨー商品取扱い始めました!
洗剤を使用せず驚きの汚れ落ちでキッチン、リビング、バスルームなど家中まるごと綺麗になり、大腸菌やブドウ球菌まで除去します!
ケミカルフリーでエコテックス認証、HACCP(ハサップ)認定も受けているこの商品、ぜひお試しください!
購入やお問い合わせはフォームよりお願いいたします。

ホームページを公開致しました。

facebook_face.jpg

今後ともよろしくお願いいたします。